保育士通信講座ナビ

通信教育部と通信講座の違いは?

保育士を目指す人の中には、大学や専門学校に通う人もいれば、通信講座を受講している人もいます。そして、大学の通信教育部で受講している人も増えているようです。それでは、通信講座と通信教育部については、どのような違いがあるのでしょうか。

 

通信教育部とは、保育科のある大学や短大、専門学校による教育システムの一環であり、さまざまな事情で大学に通学するのが困難な人にも、自宅でマイペースで学べるように、通信教育部が設置されています。通信講座は、とくに保育科のある大学などではなく、通信講座としての学習カリキュラムが備わっています。

 

保育士を目指すには、厚生労働大臣の指定する大学や短大、専門学校などの養成施設を卒業すること、または国家試験を受験して合格する必要があります。通学しないで通信教育で保育士の資格取得を目指すなら、一般の通信講座か大学や短大の通信教育部のどちらが良いのかと、迷っている人も少なくないようです。

 

一般の通信講座では、テキストや問題集をもとに机上で学ぶのが中心ですが、大学の通信教育部を受講すると、スクーリング制度が導入されており、実技に関する授業を受けることも可能です。

 

実践で役に立つ講座を受講するなら、一般の通信講座よりは、大学の通信教育部で受講するほうがおすすめです。単に、筆記試験をクリアする目的で受講する程度で良いと考えているなら、一般の通信講座を受講するのも良いでしょう。気になる通信講座があれば、一般の通信講座や大学の通信教育部など、無料資料請求してみることをおすすめします。